FC2ブログ

りえぴょんの徒然草

好き?スキ?すき? うぅん、だ~いすき! ね、かめちゃん…

恋話(潔癖な方はスルーしてね)

私の中で、史上最高と思える恋でした。
先週のカツカツの可奈子ちゃんの切ない告白を見て、何だか書き留めておきたい衝動に駆られて、ついついアップしちゃいました。
きっと、そんなの不倫じゃん!と思う方もいるかもしれません。そういう話はパスな人は、どうか読まないでね。
ここから進む人、自己責任でお願いします。






就職して1年目、同じ学年を組んだのは、今の私と同じくらいの年の主任、年は2つ上、学年は3つ上(私は一浪している)の人(G先生)。
今まで、後から入ってくる先生が、みんな年上だったということで、3人目の後輩で初めてホントに年下で、純粋に後輩になった私。
最初は、すごくテンション高い彼に、「何こいつ!」みたいに思ってた。
いつも妹のように可愛がってくれ、いつも兄のように見守ってくれていた。
学校で、一番年下の私と、年齢でいうとその次に若い彼。
今思うと、なんでこの2人を組ませたのか、今でも不思議。
年が近いってだけで、当然仲良くなる。
でもね、その頃は、そんなに意識してなかったの。

当時の私は、大学の時に付き合ってた(亀似の彼の次の彼氏)人がいたから…
私は仕事が忙しく、彼は大学院の学生で(同級生だったけど、進学してまだ学生だった)、夜中に研究室にこもっていた。
時間的なすれ違いで、とてもじゃないけど、デートする時間とか、家に行く時間もなかった。

で、同じ学校の先生の方は、その年の秋、大学の同級生と結婚した。
私は、結婚式の司会のアシスタントを頼まれた。
その時は、別にそんなに意識をしてなかったの、ホントに…
だから、アシスタントも全然平気だったし、奥さんになった人とも、一緒に写真を撮ったり、和やかな時間を過ごした。

3月、大学院の彼が、急に転校?することになった。
付いていた教授が、大学を変わるからついて行くという。
彼が決めたことだし、私が口を挟める次元の問題でもなかった。
一緒に行ったディズニーランドの帰り、その話を聞いた。
ショックだったけど、不思議と涙は出なかったの。
結局、その彼とは、それでおしまいになった。

4月、新学期。
新しい学年を組む。
これが運命なら、神様は相当意地悪なのか、いたずらが好きなのか…
G先生と、同じ学年を組むことになった。
前の年の1年がある分、多くの言葉はいらない2人。
正直、下手な夫婦より、少しの言葉で相手が分かる2人だったと思う。
もちろん、意見の食い違いもある。
若いから、ぶつかるぶつかる。
放課後、お互いの教室を行き来して、授業のこと、生徒のこと、いろいろ話をした。
突っ走る人だったから、主任には煙たがられた。
私がストップをかける。
それが、また楽しかった。
校外指導といって、地域ごとの担当がある。
それも一緒だった。
その学区の中で、一番広く、集団下校の日には一緒に付いて行くんだけど、一番遠くまで行かなくちゃいけない地域だった。
子供を送った帰りは、当然2人になる。
それは、なんとなくウキウキする時間だった。


長くなるので、たたみます




続きを読む
スポンサーサイト



未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |
| ホーム |