FC2ブログ

りえぴょんの徒然草

好き?スキ?すき? うぅん、だ~いすき! ね、かめちゃん…

神の雫 #3 つづき?

団欒

私のイメージだと、こんな感じの色。
この言葉に、雫は何を見たのだろう…
5歳の時、目の前で母親を亡くした雫。
その後、父親との生活で、団欒はあったのだろうか…
雫は感性の鋭い子だった。
子供らしく甘えたことはあるのだろうか…

高杉さんに、神咲ブランドのレッテルを貼られる雫。
そのブランドのために、雫は甘えは許されなかったのではないだろうか。
雫の切ない表情が、胸に迫る。
高杉さんの姿が、父親につながる…という。
だからこそ、団欒をイメージしたワインを、高杉さんに飲ませたかった。
雫自身が、誰よりも欲しかった団欒。
父親からは、到底感じることのできなかった団欒。
それを父親の口から聞くとは…
そんな感じだったのかな、雫は…

そこで第2の使徒に選んだのが
【ユッセリオ コート・デュ・ローヌ(‘07)】
が、これは第2の使徒ではなかった。
アメをくれた男性は、手をつないではくれなかった。

一青が選んだのは
【シャトーヌフ・デュ・パプ キュヴェ・ダ・カポ(‘00)】
このワインは、100年の老木から生まれる軌跡(何で奇跡じゃないの?)のワイン。
ブランドワインの安心感が、手をつないで家まで連れて行ってくれた男性につながった。

ブランド生まれの雫が、ブランドから逃げている、そう言う一青に何も言えない雫。
負けた悔しさというより、父の想いを受け取れなかった自分に対する悔しさを感じた。

それにしても、田辺さんの一青、すご過ぎる!
これから、ますます対決が楽しみになってきた。


それより、しずクン、「僕」はやめたの?
たしかに、亀らしい雫は「俺」だと思う。
お坊ちゃまらしさは、十分出ていると思うので、「俺」の雫に賛成!
亀らしい雫になってると思います。



さて、続きは今日のそり遊び…


続きを読む
スポンサーサイト



神の雫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |