FC2ブログ

りえぴょんの徒然草

好き?スキ?すき? うぅん、だ~いすき! ね、かめちゃん…

べム 制作者の想い

ホントは見る前に読んだ方がよかったのかな?
でも、見終わってからも、
あ、やっぱりこんな想いが込められてたんだ…
というのが分かって。。。
きちんと伝わるドラマの作り方をされてるなぁ…って。。。

べム スタッフ日記(河野P)


それと、脚本の西野さん
第3話に込める想いが…
やっぱ特別で。。。
ぜひ、どうぞ

胸毛コンプレックス(脚本・西野さん)


丁寧に丁寧に造られてるドラマです。
スタッフさんがいて、演じる役者さんがいて、そして…
それを見て受け止める私達がいて…


亀ちゃんだからこそ表現できる世界があるなぁ…って思うのと同時に、
亀ちゃんの努力や可能性を、しっかり感じてくれている人がいるっていう幸せを
またまた感じて…
でも、それってやっぱり、亀ちゃんが引き寄せてるわけで…
いままで、叩かれて叩かれて、落ち込んで傷ついて…
それでも立ち上がって前を向いて進んで行く亀ちゃんだから
河野さんや西野さんが描こうとしている世界を体現できるのだろうと。。。

亀ちゃんから目が離せなかったごくせん
そんな亀ちゃんに気付いた自分が、何だか嬉しい…

そして、そんな私に気づいてくれたママ友Mちゃん
気持ちを抑えきれずに始めたブログを通して知り合った、仲良くしてくれてる大切なお友達
ここを読んでくれてる方たち
たくさんの方とのつながり
そんなことも思い出させてくれるドラマだなぁ…って。。。

今日は、お天気良くないけど、しっとりとした幸せに包まれてます。。。
明日は、べムとベロと和久井さんが見たような、素敵な夕焼けが見れるかなぁ…


スポンサーサイト



ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |

妖怪人間べム 第3話

じんわり…
泣けました。。。

若い時に死のうとしていた和久井さん。
また死のうとして、べムたちに助けられた。

「生きてる意味…」

和久井さんが、生きてる意味がない、生まれてきた意味がないと言ったら
べムたちのしてきたことの意味そのものがなくなってしまう…
そんな和久井さんに、自分の正体をばらすべム。
そして、べムたちを受け入れる和久井さん。

最後は、
生きているだけで誰かとつながっている…
君たちがいてくれて、本当に救われた…
ありがとう…
と、生きる希望を持って旅を始めてくれた。。。。。

べム、ベラ、ベロの涙、そして叫ばずにいられなくなった感情

死ぬと決まっている人間
だけど、人間になりたい…

生きるって何?
だんだん、使えなくなる室外機のように、人間も年を取るといらなくなる?

前のお話の小春ちゃんが見つけた、室外機の傍らで咲く一輪の花。

べムたちが見つけた、一筋の光のようで…

今回のお話は、じんわりほんわかな涙のお話でした。
これから、夏目さんも、べムたちの正体を知るのでしょうか…?
そのとき、べムたちは人間になれるのかな?
でも、今回のお話のように、人間にならなくても、人間が受け入れてくれたら、それで幸せなんじゃないのかな?

共存?共生?

妖怪の陰には、そんな言葉が隠されてるような気がしました。
今の世の中、周りと違うものを排除するという傾向になるけど、
そういった風潮に対する警鐘のような気がしました。

毎回、カッコいい亀ちゃん、愁いのある亀ちゃんが素敵ですが、
それだけじゃない、ホントに考えさせられるテーマが散りばめられてる、
ホントにいいドラマです。

スタッフのみなさん、ありがとうございます。




続きは、連休の我が家


続きを読む
ドラマ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |