FC2ブログ

りえぴょんの徒然草

好き?スキ?すき? うぅん、だ~いすき! ね、かめちゃん…

何してますか?

不定期便のラブレター
どうしても、単独で記しておきたかったの。
頑張った和也に、私の溢れすぎて困ったちゃんの想いを伝えたかった。
わがままでごめんね。



亀梨和也様

和也、今、何してますか?
大きい仕事が終わって、もう、次のことを考えているのかな?
それとも、自分の時間を楽しんでいるのかな?
そんなことを考えるのも楽しいんだよ、私。
今回のドラマ、ごめん、最初は全然ボールを受けられなかったと思う、私。
役作りしてる時から、和也が和也らしくないのが嫌だった。
何でよ?って気持ちがあったみたい。(気付いてなかったけど)
でも、和也が自分を封印してるって知って、あぁ、そうなんだ…役作りなんだ…って思った時、心にストンて落ちたんだよね。
和也の努力が、雫らしい雫だったんだよね。
だから、「亀らしくない!オーラを感じない!」というお友達に、「あれはね、役作りなんだよ。亀は超頑張ってんだよ。だからああいう役になってんだよ。あれって、すごいんだよ!」と、力説しちゃったりして…
途中、あんま前例がないほどの番宣。
痛々しくって、正直見てられなかった。(見たけど)
「やめて…さらし者にしないで…」
そこまで思ったんだ、私…
でもね、和也は全部受け止めていた。
それが、主役を張る人間の使命。
そう言わんばかりに、しっかり前を見据えてカメラの前に立つ和也がいたの。
「私も、嘆いてばかりいないで、泣いてばかりいないで、和也の仕事をしっかり見届けよう…」
そう思った。
そして、Webから届く和也のメール。
「現場、楽しい。最高!」っていう言葉で、本当に吹っ切れた。
和也は、楽しんでる。
辛いことはいっぱいあるはずなのに、楽しんでる。
チームワークのいい職場ほど、楽しめる。
辛い時ほど、チームワークはよくなる…
だから、あんなにいいドラマに熟成したんだね。
和也、あなたの、黙々と頑張る後姿が、本当に大きく見えた。
あなたがあなたである限り、あなたが日々、進化していく限り、私はあなたについて行く。
まだまだ、傷跡にはなってないかもしれないけど、あなたの傷は何よりも輝いてる勲章だね。
あなたは、今まで以上に大きい男になって、前を見て歩いて行くんだもんね。
そんなあなたが、大好きだよ。
あなたに出逢えた、この奇跡…
「え?KAT-TUN?亀かな?あの中で逢うなら…」みたいなノリで始まった、あり得ない亀梨和也との出逢い。
こんな運命をたどるなんて、思ってもみなかった。
今の私の生活に、なくてはならない人だよ、和也。
和也の言葉、しっかり受け止められる、強い人間を目指すよ。
和也が心折れそうな時、踏ん張って支えられる人間になりたい…
和也…大好き

                             りえぴょんより
いろんな想い | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<何その照れは… | ホーム | 神の雫 #9(最終回)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |