FC2ブログ

りえぴょんの徒然草

好き?スキ?すき? うぅん、だ~いすき! ね、かめちゃん…

ドキュメンタリー’09

子供と一緒に寝ちゃって、夜中に起きた私。
旦那がリビングで寝ててTV点けっ放しで、でも消さなくてそのままにしてたらやり始めた番組。

『妊娠中に自分ががんに侵されてることが分かったら、あなたはどうしますか?』

妊娠4ヶ月で、脊髄の悪性腫瘍が見つかった晃子さん。
産む決心をするまでの想いや、生まれてからの想い、いろんな想いを、淡々と語っていた。
がんが見つかった時は、生存率40%だったのが、出産後には「余命半年」の宣告を受ける。
「死にたくない…」
テープに吹きこんだ想いに、涙が流れる。
それでも、母は何かしなくちゃいけない!と思う。
この子に残せるものはすべて残そう…
残りの人生を、娘に言葉を遺すことに使った。
2007年2月に永眠された。
逝く人の言葉は重い。
淡々と語っているが、胸に迫る。
初版には間に合わなかった、晃子さんの、娘・ゆりあちゃんへの魔法。
第2版の最後のページ。
「ゆりあに手紙を書いてやって下さい」
この魔法が、ゆりあちゃんの元に手紙を届けている。
魔法使いは、そう、お母さん。

母の日に、思いがけない母の想いの詰まった番組を見れて、心が動きました。


続きは、この番組とKAT-TUNのつながり


これね、カツマニュで聖が書いてた本だった。
「ゆりちかへ」
途中で、娘さんのことを「ゆりちか」って呼んでるって話が出てきて…
(ロシア語で「ゆりあちゃん」って意味なんだって。旦那さんがロシア人)
あれ?聖が言ってなかったっけ?と、カツマニュを読み返しちゃった。
そしたら、ビンゴ!
夏休みに読んでみたい本に入れておこう…
TV | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<後半チケ、到着! | ホーム | 亀ラジ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |