FC2ブログ

りえぴょんの徒然草

好き?スキ?すき? うぅん、だ~いすき! ね、かめちゃん…

最終章…Vancouver

フィギュアのエキシビジョンと一緒に、ハイライトやってて…

オリンピックに出るための努力…
オリンピックに出ることが決まってからの努力…
オリンピックが始まってからの努力…
そして…本番…

どんだけ頑張っても、金メダルを手に入れることができる人はたったひとり…
この、過酷な世界でどれだけ頑張ってるのだろう…

ジャンプの団体、岡部が外れて…
その想いを胸に、葛西が大ジャンプ…
服装問題でバッシングを受けた国母…
自分のスタイルは曲げない…
どんだけ頑張っても、もう一歩なのにメダルに届かない…
100分の2秒って…
銀を取っても悔しさでいっぱい…

なんか、ホントにすごいなーって思った。
葛西選手の140mの大ジャンプの後姿を見て、涙が出た。
背負ってるものの大きさとか想い、胸が熱くなった。
真央ちゃんの銀メダルをもらった後のなみだ…
19歳の肩にのしかかっていた重圧。
それを背負いながらたたかう想い…
安藤の、穏やかな表情…
「コンチクショー」と言える岡崎…

どれだけの努力があったのだろう…

私は、そこまで頑張ったことって、きっとない。
勉強も、運動も、おけいこ事も…

スピードスケートの岡崎が頑張ってる姿を見ると、いつも何かやりたくなる。
それで、独身時代、実家から10km以上離れた祖母の家まで、走って出かけたことがある。
人に、そういう想いを抱かせる人達…
その裏に隠された努力を想うと、心からありがとう…と言いたい…

オリンピック予備軍のような子を持つお母さんが、同じ職場の人の知り合いにいるんだけど、どうしたらそうなるのかって聞いてみたんだって…
そしたら「可能性を信じること」だそうです。
自分の子を信じる。
絶対出来る…って…
だってね、正直、スポーツで身を立てるなんて、ほとんど不可能に近いと思いません?
途中で挫折したら、将来どうするの?
メダルを取るなんざ、どのくらい可能性があるのよ???
って思うよね、普通。
でも、それじゃダメなんだって。
信じること…
できるって…
それが、ジュニアで日本1、2を争うくらいの実力につながったって…
これってね、亀ちゃんに通じるというか。
ドリボの時の大技をやるとき、自分に言い聞かせてるみたい…
「できる、できる…」って。
自分のやってきたことを信じて、そして、仲間を信じて…

私も、自分の子供を信じよう…
やりたいことと巡り逢ったら…
もういい…と思えるところまで、やらせてあげたい…



続きは、本日の我が家



今日は、家族でスキーに行ってきました
朝起きたら雨で、やっぱダメかーと思ったけど、旦那がスキー場に電話。
雪!
ならいけるじゃん!!!
と、でかけちゃうのがりえぴょんち。
長野方面の白樺湖周辺のスキー場に出かけました。
今季、初めてのスキーで、去年始めたばかりの子供達は、重い雪だし心配だったけど…
一番ダメダメなのは私でした
息子は最初からやる気満々で、旦那と中級コースでガンガン滑ってました。
娘は、スキー場の上の駐車場だったので、一旦下にいき、キッズコースで…
今日1日、そこで私と滑りましたが、なんとかボーゲンマスター??
私は…
キッズコースのなんちゃってリフトで、娘の分のストックも握りしめてたため、左手が死亡中!
捻挫した時とかに、よく貧血起こすよね?
そんな感じの筋肉痛なの
もう、運動不足というか、使ってないんだなーというか…
今日はパラレルどころか、全然雪が蹴れず、悲惨な滑りをしておりました、私…
だってさ、最初、ブーツが履けず、特に左足が入んなくって、ヤバかったわ
履く時、ギクッてなったのよ
マジやばかった
いろんな想い | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ホッと一息…<追記あり> | ホーム | ヤマナデ #7>>

コメント

おつかめ~。
うちは今期は一回も連れて行ってあげれそうにないよ。
「スキー行きたい」って言われてるんだけど・・・。ちょっとね。

今月はいよいよ卒園だよ。
長かった、5年間が終わるよ~!!
2010-03-01 Mon 10:46 | URL | MIE [ 編集 ]
MIEちゃんへ

手が痛いー!足が痛いー!と、情けない状態だよ。
4月には桃源郷マラソン出なきゃいけないのにe-350

スキー、もう雪がダメだね。
ウチも、四十九日があったりするから、ちょっと無理みたい。
できたら、あと1回くらいは…と思ってるんだけど。

やっと終わるね…
長かったよねー。
何事もなく卒園できるように、祈ってるよe-420
2010-03-01 Mon 20:20 | URL | りえぴょん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |